金融

(必読)消費者金融借りたら終わり?それは利用の仕方次第!

「本ページはプロモーションが含まれています」

「消費者金融借りたら終わり?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?
消費者金融からお金を借りることは、急な出費や生活費に困った時には頼りになる手段です。しかし、借り過ぎたり、遅れて返済すると返済額が膨らんでしまい、破産する人も少なくありません。

この記事では、「消費者金融借りたら終わり?」という疑問について、その真実をお伝えします。消費者金融業界に詳しい人による、実際に起きた事例や、知っていると役立つ情報を紹介しています。

もしも、借金に苦しんでいる人や、これからお金を借りようとしている人がいるなら、必見の記事となっています。消費者金融について知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

合わせて読みたい
支払いできないから「詰んだ」と思っている方へ3つのアドバイス

「本ページはプロモーションが含まれています」 気がつけば、借金の支払いのために働く毎日。 返しても返しても一向に支払いは減らず、逆に増える一方。 誰にも相談できずに「もうだめ詰んだ」 と考えている方も ...

続きを見る

目次
  1. 消費者金融で借りたら、取立てがあるのか不安な人へ
    1. 消費者金融の取立て方法とは?
    2. 取立てに対する消費者の権利とは?
    3. 取立てが始まったらどうするべきか?
  2. アコムで借りた場合、返済が滞るとどうなるのか心配な人へ
    1. アコムの返済方法とは?
    2. 返済が滞った場合のアコムの対応とは?
    3. 返済が滞った場合の対処方法とは?
  3. 消費者金融で借りたら、利息が高くて返済が厳しいと悩む人
    1. 消費者金融の利息の仕組みとは?
    2. 利息を抑えるための方法とは?
    3. 利息が高くても返済ができる方法とは?
  4. 消費者金融で借りたら、借金が返せなくなってしまうのではないかと不安な人
    1. 借金が返せなくなった場合の対処法とは?
    2. 借金が返せなくなる前にできることは?
    3. 借金が返せなくなった場合の影響とは?
  5. 消費者金融について、カードローンのデメリットが気になる人
    1. カードローンのデメリットとは?
    2. カードローンを利用する前に知っておくべきこととは?
    3. カードローンを利用する際の注意点とは?
  6. 消費者金融借りている人の割合は?
  7. 消費者金融 借りてすぐ返すとどうなる?
  8. 消費者金融で借りるとローンが組めない?
  9. 消費者金融 会社にバレる
  10. 消費者金融 他社借入 バレる
  11. 大手消費者金融で、借入ができない場合は「中小消費者金融」がおすすめ!
    1. 中小消費者金融おすすめ9選!
  12. まとめ

消費者金融で借りたら、取立てがあるのか不安な人へ

当然支払いをしなければ、それなりの措置を取ることになります。

でももし遅れた場合、どんな取り立てをされるのか?

など不安なこともあるかもしれません。

では実際はどうなのかみていきましょう。

消費者金融の取立て方法とは?

消費者金融は、借り入れたお金を返済しなかった場合、取立てを行います。取立ての方法には、電話や手紙、訪問などがあります。しかし、中には違法な取り立てを行う業者も存在します。

違法な取り立てには、法律で禁止されている暴力や脅迫、嫌がらせなどが含まれます。消費者金融業者は、違法な取り立てを行ってはいけません。もし、違法な取り立てを受けた場合は、消費生活センターや弁護士に相談することが大切です。

また、借り入れる前には、自分に合った返済計画を立て、返済能力をしっかりと確認することが重要です。無理な借り入れをしてしまうと、取り立てに巻き込まれることもあります。消費者金融借りたら終わりではなく、借りたお金を返済することが大切です。

取立てに対する消費者の権利とは?

消費者金融からお金を借りると、返済期日までに返済しなかった場合、取立てが行われることがあります。しかし、消費者には取立てに対する権利があります。

まず、取立てにはルールがあります。消費者金融は、法律で定められたルールに従って取立てを行わなければなりません。たとえば、午前8時から午後9時までの間でしか電話での取立てはできません。また、取立てには暴力や脅迫行為は禁止されています。

消費者は、取立てに対して異議を申し立てることができます。たとえば、自分が借りた記憶がない、返済済みである、返済額が違うなどの理由があれば、消費者金融に対して異議を申し立てることができます。

さらに、消費者は債務整理を行うこともできます。債務整理とは、借金が返せない状況に陥った場合に、裁判所を通じて債務を整理することです。債務整理をすることで、取立てを止めることができます。

消費者は、自分の権利をしっかりと理解し、適切に行使することが大切です。取立てに対して不安を感じた場合は、消費生活センターや弁護士などに相談することもできます。

取立てが始まったらどうするべきか?

消費者金融からお金を借りると、返済が滞ってしまい、取立てが始まることがあります。取立てに対してどう対処するか、考えてみましょう。

まず、取立てが始まったら、まずは冷静に対処することが大切です。取立てには法律的な手続きが必要であり、取立て業者が自分たちの権利を主張することがありますが、法律で定められた範囲を超えた取立ては違法です。そのため、取立て業者からの要求が違法である場合は、弁護士に相談することもできます。

また、返済が滞ってしまった場合は、消費者金融と交渉することも重要です。返済計画の見直しや、利息の見直しなど、返済が滞ってしまった場合でも対応策があります。消費者金融との交渉には、自分の返済能力や状況を正直に伝えることが大切です。

消費者金融からの借入を避けるためには、借入前に自分の返済能力をしっかりと見極め、無理のない返済計画を立てることが大切です。消費者金融の利用は、急な出費や緊急時の対応など、必要な場合に限定して利用することが望ましいでしょう。

アコムで借りた場合、返済が滞るとどうなるのか心配な人へ

具体的に、アコムで返済が遅れるとどうなるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

アコムの返済方法とは?

アコムは、多くの消費者金融の中でも、返済方法が非常に柔軟であることで知られています。返済方法は、自動引き落とし、銀行振り込み、コンビニ払い、郵便払い、ATM払いなど様々な方法があり、返済日も自分で設定することができます。

しかし、返済方法が柔軟であるために、借り過ぎてしまうと返済が滞ってしまうこともあります。返済が滞ると、遅延損害金が発生するため、借金が膨らんでしまうこともあります。また、アコムは他の消費者金融と同様に、高金利で融資を行っているため、返済期間が長期化すると、返済額が膨らんでしまうこともあります。

アコムを利用する場合は、返済計画をしっかりと立て、借り過ぎには注意することが大切です。また、返済が滞った場合は、早めに相談することで解決することができます。

返済が滞った場合のアコムの対応とは?

消費者金融で借り入れをする場合、返済が滞ると大変なことになります。アコムの場合、返済が滞るとまずは電話やメールで催促が入ります。その後、債務整理の提案や裁判所を通じた差し押さえなどの手続きが取られることもあります。

しかし、アコムは滞納に対して柔軟な対応をすることもあるので、まずは返済が滞った場合には、迅速にアコムに連絡をすることが大切です。返済計画の見直しや利息の減免など、相談に応じてくれる場合もあります。

ただし、返済が長期間滞ると、信用情報にも影響が出てしまうため、早めの対応が必要です。借り入れ前には、返済計画をしっかりと立てて、返済能力を確認することが大切です。

返済が滞った場合の対処方法とは?

消費者金融でお金を借りた場合、返済が滞ると大変なことになります。しかし、返済が滞った場合でも、焦らずに対処することが大切です。

まず、返済が滞ってしまった場合は、すぐに消費者金融に連絡しましょう。返済ができない理由を説明し、返済計画の見直しを提案することができます。消費者金融は、借り手が返済できるように、柔軟な対応をしてくれる場合があります。

また、返済が滞っている場合は、利息が高くなってしまうため、早めに返済するように努めましょう。返済ができない場合は、返済計画の見直しや、債務整理などの専門家の助けを借りることも考えましょう。

消費者金融でお金を借りる際には、返済計画を立て、計画通りに返済することが大切です。しかし、返済が滞ってしまった場合でも、焦らずに対処することで、問題を解決することができます。

消費者金融で借りたら、利息が高くて返済が厳しいと悩む人

確かに銀行などから比べると金利は高めの設定になっています。

しかし、銀行からの借入限度額を超えている際に、急な出費があると消費者金融に頼る場合も出てくるのではないでしょうか?

収支の計算をしっかりできているのであれば、問題はありませんがギャンブルなど私的なことでの流用では、返済が厳しいとなるでしょう。

それでは具体的にみていきましょう。

消費者金融の利息の仕組みとは?

消費者金融とは、銀行や信用金庫などの金融機関とは異なり、主に個人向けに貸し付けを行う金融業者のことを指します。消費者金融は、銀行などと比べて審査が緩く、即日融資も可能なため、急な出費や生活費の足しに利用する人が多くいます。

しかし、消費者金融の利息は銀行などに比べて高く、返済が滞ると遅延損害金が発生するため、借り過ぎには注意が必要です。また、消費者金融は法律で定められた上限金利がありますが、実際には上限金利を超える利率で貸し付けを行う業者も存在します。

消費者金融で借りたら終わりというわけではありません。返済計画を立て、借り過ぎには注意し、利息や遅延損害金などの費用をしっかりと把握し、返済期限内に返済することが大切です。

利息を抑えるための方法とは?

消費者金融でお金を借りると、利息が高くなってしまい、返済が難しくなることがあります。しかし、利息を抑える方法があります。

まずは、複数の消費者金融から借り入れるのではなく、一つの消費者金融でまとめて借りることが大切です。これにより、利息が低くなり、返済がしやすくなります。

また、返済期間を長くすることも利息を抑える方法の一つです。返済期間を長くすることで、月々の返済額が減り、返済がしやすくなります。ただし、返済期間が長くなると、総返済額が増えることにも注意が必要です。

さらに、無利息期間がある消費者金融を利用することもおすすめです。無利息期間中に返済が完了すれば、利息を払わずに済みます。

消費者金融でお金を借りる際には、返済計画をしっかりと立て、利息を抑える方法を考えることが大切です。

利息が高くても返済ができる方法とは?

消費者金融の利息は高く、借りたら返済が難しいと思われがちですが、実は返済方法を工夫すれば、借りたお金を返すことができます。

まずは、借りる前に自分の返済能力を正確に把握することが大切です。自分の収入や支出をしっかりと把握し、返済計画を立てましょう。また、無理な借入は避け、必要最小限の金額を借りるようにしましょう。

次に、返済期間を長くすることで、月々の返済額を減らすことができます。ただし、返済期間が長くなると、総返済額が増えてしまうので、利息をしっかり計算して判断しましょう。

さらに、返済日を自分の給料日に合わせることで、返済のし忘れを防ぐことができます。また、返済が滞った場合には、早めに相談することが大切です。消費者金融では、返済計画の見直しや利息の減免などの支援を行っている場合があります。

消費者金融の借り入れは、利息が高いため返済が難しいと思われがちですが、返済計画を立て、返済期間を長くするなどの工夫をすることで、返済ができる方法があります。

消費者金融で借りたら、借金が返せなくなってしまうのではないかと不安な人

そんなことなありません。

収支計算をしっかりすることで、回避することは可能です。

先ほどの記事でも述べましたが、ギャンブルなどに使うと返済が困難になってしまします。

それでは詳しく解説していきます。

借金が返せなくなった場合の対処法とは?

消費者金融で借り入れをしてしまい、返済が滞ってしまった場合、どのように対処すればよいでしょうか。

まずは、焦らずに冷静に状況を把握しましょう。返済計画を見直すことが必要です。返済期間を延ばしたり、金利を下げてもらったりすることができるかもしれません。また、返済能力に合わせた返済プランを提示してもらうこともできます。

もし返済ができない状況が続いてしまった場合は、専門家に相談することが大切です。弁護士や司法書士に相談することで、借金整理の方法を教えてもらうことができます。借金整理には、任意整理や自己破産などの方法がありますが、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

借金が返せなくなってしまった場合でも、焦らずに対処することが大切です。専門家のアドバイスを受けつつ、自分に合った返済プランを考えていきましょう。

借金が返せなくなる前にできることは?

消費者金融は、急な出費や生活費の足しに借りることができる便利なサービスですが、借り過ぎると返済が困難になり、借金地獄に陥ることがあります。

そこで、借金が返せなくなる前にできることを紹介します。

まず、借入額を把握し、返済計画を立てましょう。自分がいくら借りているのか、いつまでに返済する必要があるのかを把握することが大切です。そして、返済計画を立て、毎月の返済額を決め、必ず守るようにしましょう。

また、収支を見直し、無駄な出費を減らすことも大切です。生活費を抑えるために、節約術を学び、自分に合った生活スタイルを見つけることが必要です。

もし返済が困難になった場合は、早めに相談しましょう。消費者金融には、返済方法を変更する制度や、利息を減らす制度があります。また、法律に基づいた債務整理もあります。早めの対応で、借金地獄から脱出することができます。

消費者金融は、便利なサービスですが、借り過ぎには注意しましょう。借金が返せなくなる前に、借入額を把握し、返済計画を立て、無駄な出費を減らすことが大切です。また、返済が困難になった場合は早めに相談し、対応するようにしましょう。

借金が返せなくなった場合の影響とは?

消費者金融から借り入れをする際には、返済計画を立てて返済能力を確認することが大切です。しかし、何らかの理由で返済ができなくなってしまった場合、影響は深刻です。

まず、滞納が発生すると、遅延損害金や督促費用などが発生し、元本に加えて追加で支払うことになります。さらに、滞納が長期化すると、信用情報に傷がつき、今後の借り入れに影響が出る可能性があります。

もし、返済ができなくなった場合には、まずは消費者金融に相談し、返済計画の見直しや利息の引き下げなどの交渉をすることが大切です。また、自己破産などの選択肢もありますが、その場合は長期的な影響が出るため、慎重に判断する必要があります。

消費者金融からの借り入れは、計画的に返済することが大切です。返済能力を確認し、返済計画を立てることで、借金が終わりではなく、将来に向けての健全なファイナンスを築くことができます。

消費者金融について、カードローンのデメリットが気になる人

デメリットを知っておけば、借入後も対照しやすいのではないでしょうか?

詳しくみていきましょう。

カードローンのデメリットとは?

カードローンは急な出費や資金調達に便利な手段ですが、デメリットもあります。

まず、カードローンは利息が高いという点が挙げられます。返済期間が長くなるほど、支払う利息も増えてしまいます。また、返済が滞ると遅延損害金がかかることもあります。

さらに、カードローンは借金をすることになるため、返済能力を十分に考えなければなりません。返済が滞ると信用情報に悪影響が出る可能性もあるため、計画的な借り入れが必要です。

カードローンは簡単に借り入れができるため、ついつい使い過ぎてしまい、借金が膨らんでしまうこともあります。自分の返済能力をしっかりと見極め、必要な範囲内で利用するようにしましょう。

カードローンを利用する前に知っておくべきこととは?

カードローンは、急な出費や予期せぬ出費があった場合に、手軽にお金を借りることができる便利なサービスです。しかし、カードローンを利用する前には、いくつかの注意点を把握しておくことが重要です。

まず、カードローンは利息が高いため、借り過ぎには注意が必要です。また、返済計画を立てて、借りたお金を返済することが大切です。返済期間が長くなるほど、利息が増えてしまうため、返済期間を短くすることもポイントです。

さらに、カードローンを利用する前には、自分が借りることができる限度額を把握しておくことも大切です。借り過ぎてしまうと、返済が難しくなってしまいます。

カードローンを利用する際には、契約内容をよく確認し、利用する前には必ず返済計画を立てておくことが大切です。カードローンは、急な出費を補うための手段としては便利ですが、借り過ぎや返済計画の立て方を誤ると、借金の負担が大きくなってしまうこともあります。

カードローンを利用する際の注意点とは?

カードローンは、急な出費や予期せぬ支出に対応するために利用されることがありますが、注意が必要です。

まず、カードローンは利息が高いため、借りすぎには注意が必要です。また、借りたお金が返せなくなった場合、延滞や債務整理につながり、信用情報にも悪影響を及ぼすことがあります。

さらに、カードローンは短期間で返済することが求められるため、収入が安定していない場合や、返済計画が立てられない場合は、利用を控えることが望ましいでしょう。

カードローンの利用は計画的に行い、自分にとって必要な金額を借り、返済計画をしっかりと立てることが大切です。

消費者金融借りている人の割合は?

消費者金融は、銀行やクレジットカード会社などとは異なり、利用しやすく即日融資が可能なため、多くの人が利用しています。しかし、利用者の多くが返済に苦しむことになり、高い金利や遅延損害金などの負担が大きくなることが懸念されています。

国によって消費者金融を利用している人の割合は異なりますが、日本の場合、2019年の調査によると、成年人口の約18%が消費者金融を利用しており、そのうち女性が男性よりもやや多く借りている傾向があるとされています。さらに、利用者の年齢層は20代から40代が中心で、その中でも20代が最も多く、特に20代前半の若年層は、返済に苦しむケースが増えています。

このように、消費者金融を利用する人が増える一方で、返済に苦しむ人も増えているため、適正な利用や返済計画の立て方が求められています。

消費者金融 借りてすぐ返すとどうなる?

消費者金融は、急な出費や生活費不足などの場合に、手軽に借り入れができるサービスです。しかし、借りたお金は返さなければなりません。では、消費者金融で借りてすぐに返した場合、どのような影響があるのでしょうか?

まず、消費者金融で借り入れを行う際には、利息が発生します。したがって、借りたお金をすぐに返す場合でも、利息分は支払わなければなりません。また、消費者金融の場合、返済期間が短いほど、利息が高くなる傾向があります。つまり、すぐに返済する場合、利息が高くなる可能性があります。

さらに、消費者金融で借り入れを行った場合、返済能力が低いと判断されると、信用情報に悪影響が出る可能性があります。返済能力が低いと判断される基準は、各消費者金融によって異なりますが、たとえば、返済が遅れた場合や、返済ができなかった場合などが該当します。

したがって、消費者金融で借りてすぐに返す場合でも、利息分は支払わなければならず、信用情報に悪影響が出る可能性があるため、返済計画を立ててから借り入れを行うことが重要です。

ただし、業者によっては「〇〇日間利息無料!」にしている場合もあります。

この場合は、その期間内に返済すると利息はかかりません。

単発で借入をする場合は、大変便利なサービスとなっております。

詳細は各金融機関へお問い合わせください。

消費者金融で借りるとローンが組めない?

最近、消費者金融で借り入れをすると、将来的に住宅ローンや車のローンが組めなくなるという噂をよく聞きますが、これは本当でしょうか?

実際には、消費者金融での借り入れがあるからと言って、必ずしもローンが組めなくなるわけではありません。しかし、消費者金融での借り入れが多い場合、ローン審査で不利になる可能性があるため、注意が必要です。

消費者金融では、銀行や信販会社とは異なり、審査基準が甘いため、借り入れが容易になります。しかし、その反面、返済能力が不安定な場合や、返済が遅延している場合などは、信用情報に悪影響を与えることになります。そして、信用情報が悪いと、住宅ローンや車のローンの審査で不利になることがあるのです。

つまり、消費者金融での借り入れは、借りる前にしっかりと返済計画を立て、返済が滞らないようにすることが大切です。また、借り入れが多くなりすぎると、ローン審査で不利になることがあるため、借り入れ額は適切に抑えるようにしましょう。

以上が、消費者金融で借りるとローンが組めないという噂の真相です。借り入れをする際は、十分に注意して判断するようにしましょう。

消費者金融 会社にバレる

消費者金融会社に借り入れをすると、自分の借り入れ履歴が企業に残ってしまうので、周りにバレるか心配になることもあるかもしれません。しかし、消費者金融会社は個人情報保護に関する法律に基づいて、借り手の情報を厳密に管理しています。そのため、借り入れ履歴が第三者に漏れることはありません。

ただし、借り入れの申し込みをする際には、本人確認や審査のために身分証明書や収入証明書などの提出が必要になります。その際には、提出した書類に個人情報が含まれているため、消費者金融会社の社員が閲覧することになります。消費者金融会社では、これらの情報を厳重に管理しているため、社員は業務に関する範囲内でしか閲覧できません。また、消費者金融会社は借り手の個人情報を不正に第三者に提供することはありません。

また、借り入れに関する通知や請求書などの書類は、借り手の住所に送付されるため、同居人や家族にバレる可能性があります。そのため、借り入れをする際には、周囲の人に知られないように注意することが大切です。例えば、電話番号やメールアドレスを登録する際には、本人以外の者がアクセスできないようにパスワードを設定するなどの対策をとることができます。

消費者金融会社では、借り手のプライバシー保護に取り組んでいますが、借り入れに関する情報が漏れることがないように、借り手自身も注意を払って行動することが必要です。例えば、借り入れの際には、周囲に知られることがないように、申し込みややり取りを自宅で行うのではなく、ネットカフェやコンビニエンスストアなどの公共の場で行うことができます。

消費者金融 他社借入 バレる

消費者金融他社借入がばれるかどうかは、どのような機関からの借入かによって異なります。例えば、銀行や信用金庫からの借入であれば、信用情報機関に登録され、他社からの借入状況が確認できます。しかし、消費者金融からの借入であれば、情報を共有する信用情報機関が限定されているため、他社からの借入状況は確認できません。

ただし、金融機関からの借入であっても、遅延や滞納がある場合は、信用情報機関に登録され、他社からの借入状況が影響を受けることがあります。また、消費者金融であっても、複数の借入先がある場合は、返済能力が低いと判断される可能性があります。

つまり、消費者金融他社借入がばれるかどうかは、借入状況や返済状況によって異なります。借入先を選ぶ際には、自分に合った返済計画を立て、返済能力を確認してから借入することが大切です。

大手消費者金融で、借入ができない場合は「中小消費者金融」がおすすめ!

アコム、プロミス、アイフルなどの大手で限度額まで借入をしている中、

急な出費が・・・

こんな時におすすめなのが、「中小消費者金融会社」になります。

全て金融庁の許可を取っている信頼のおける業者です。

中小消費者金融おすすめ9選!

ご融資どっとこむキャッシング

他社でお断りされた方も相談可能!

  • 専任のアドバイザーがご融資できる方向で相談を受けてくれる!
  • 他社でお断りされたお客様も相談可能!
  • 勤務先への在籍確認は原則なし!
  • 担保・保証人不要!
  • 来店不要!全国どこからでもネットで申し込み可能!
  • スピード審査で最短即日融資も可能!

専任のアドバイザーがご融資できる方向で相談を承ります。

ご融資どっとこむ株式会社

スカイオフィスキャシング

スカイオフィスを詳しく知りたい方はこちら〜

ポイント

  • 全国対応
  • 来店が不要でキャッシング
  • ネットで24時間お申し込み可能

最短30分で振込可能♪
50万円まで融資可能!



アロー

ポイント

  • 最短即日融資が可能
  • 申し込みに必要な書類が少なく、手続きが簡単であること
  • 利用限度額が比較的高く、最大500万円まで借入可能
  • 金利が比較的低く、初回利用時に限り30日無利息で借りられる
  • 返済方法が柔軟で、自分に合った返済プランを選択できる

アロー

セントラル

ポイント

  • 最大利用300万円
  • webより即日融資
  • セブン銀行ATM対応カード
  • 30日間金利無料(初めての方)

ご来店不要で即日お振込み!
セントラルの振込キャッシング



フタバ(女性専用レディースキャッシング)

ポイント

  • 30日間利息ゼロ
  • 24時間お申し込みOK
  • webで完結

30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ



プラン

ポイント

  • 全国どこからでもネットで対応
  • 担保・保証人不要
  • 最短即日融資可能
  • 来店不要
  • 月々2000円から返済可能

安心のパートナー、消費者金融のプランは即日融資です!



フクホー

ポイント

  • 3秒で借入可能か診断!
  • 全国対応
  • 来店不要で即日融資可能!

キャッシング・ローンのことならフクホーへ!



ハローハッピー

ポイント

  • パートアルバイトでも申し込み可能
  • 専業主婦・年金受給者申し込み可能
  • 即日融資は来店必須

安心のパートナー、ハローハッピーは即日融資です!



ニチデン

ポイント

  • 初めての方なら100日間利息が0円!
  • 審査も最短10分!
  • 来店不要!スマホで簡単
  • 午後2時までの申し込みなら即日お振込も可能!

ネットキャッシングならクレジットのニチデンへ!



まとめ

消費者金融でお金を借りると、返済が滞ると高い利息や遅延損害金が発生し、借金が膨らんでしまう危険性があります。また、返済が滞ると信用情報にも影響が出て、今後の借り入れにも支障をきたすことがあります。しかし、返済計画を立て、返済が滞りそうな場合は早めに相談することで、支払いが楽になる場合もあります。消費者金融を利用する際には、借りる前にしっかりと計画を立て、返済が滞らないように注意しましょう。

-金融