士別、花の友のジンギスカンは生姜好きにはたまらないおすすめの逸品です!

2021年5月8日に再訪です。何度言っても美味しいです。
動画をアップしましています。

まずは、「花の友」のジンギスカンのおすすめの理由。

  • 昭和31年創業、未だに毎日満員御礼の店。(2代目店主)
  • ジンギスカンは味付けだが、滝川式、帯広式とも違うここだけにしかない味。(味噌ベースに、ごま油でコーティング)
  • ツケダレの小皿に、てんこ盛りの生姜で、あっさり味を演出してくれている。
  • ジンギスカン鍋が普通とは逆で凹内側にラウンドしている。(これにも意味がある)
  • 店主の下処理や仕込みがよいので、硬いところが一つもない。
  • ジンギスカンは、オーストラリア産のマトンを使用。
  • 北海道のジンギスカンを色々食べ歩いたが、数ある中のベスト10に入る名店。(あくまでも個人の意見です)

士別、花の友のジンギスカンをまずは動画で

再訪しました。やはりうまい!

ここのジンギスカンは、ここでしか食べられません。

似たような味がないからです。

ジンギスカンを焼く鍋も特殊ですし、つけダレには生姜が山盛り、野菜は真ん中で焼くなど、

全てが違います。

肉もすじが全くなく、適度な歯応えがあり、やめられません。

やっぱり美味しいです!

花の友のジンギスカンメニューと料金

ちょっと見ずらいのですが、

ここ花の友は、多彩なメニューは御座いません。

ジンギスカンがメインで、その他は、湯豆腐、奴豆腐、漬物のみです。

ジンギスカン (1人前)880円
ライス(国内産使用)大 340円
中 240円
小 160円
漬物350円
奴豆腐220円
湯豆腐500円
ソフトドリンク コーラ
        サイダー
        ウーロン茶(各)
        オレンジ
        緑茶
220円
生ビール中 550円
大 1,000円
小 400円
日本酒1合 330円
2合 650円
冷酒850円
生葡萄酒650円
ワイン大2,500円
中1,300円
焼酎(キープ6か月)札幌ハイソフト2,000円
一刻者(芋)3,500円
神の河(麦)3,500円

士別、花の友のジンギスカンがお勧めの理由

特性の鍋

まずは流れを説明します。

この鍋、変わっていませんか?

普通のジンギスカン鍋は、凸ですが、花の友の鍋は、凹ですよね。

なので、焼き方に特徴があります。

まずは、ジンギスカンをオーダーします。(ちなみに2人前)

2人前

こんな感じで、ジンギスカンの上に野菜が乗って出てきます。

この野菜を、鍋の凹引っ込んだところに(真ん中の窪み)に投入します。

焼きはじめ

真ん中に投入した野菜の周りに、ジンギスカンを満遍なく、丸く引き詰めていきます。

丸く野菜の周りにジンギスカンを引き詰めるには理由があります。

このジンギスカンは、味噌ベースで味付けされた後、ごま油でコーティングされています。

そのごま油が、ジンギスカンを焼くごとに、鍋の中央に流れていきます。

その流れた、ごま油で中央の野菜を焼くのです。

ですから、自分のペースでジンギスカンを、1枚づつ焼いて食べることは難しいかもしれません。

もう、食べ頃です。

中央の野菜は、これまたシャキシャキでうまいです。

ジンギスカンが焼けましたが、

付けダレも花の友の大きな特徴です。

見ての通り、おろし生姜がてんこ盛りです。

ここに、テーブルに備え付けの、付けタレを入れていきます。

どうやって食べるかわかりますか?

私は、初めての時に、この生姜を一気にタレに絡ませてしまい、しょっぱくて、えらい目にあった経験があります。

そんな経験をするのは私ぐらいなものかと思いますが、今では、自分の好みに合わせて、少しづつ生姜を切り崩しています。

そうすることで、あっさり味ですが、コクのある、ここでしか味わえないジンギスカンが食べられます。

ここで、ジンギスカンを実食です。

まず、食べていて思うことは、筋のような硬い部分がまったくありません。

店主の、下処理の良さが本当に出ています。

また、オーストラリア産のマトンを使用とのことですが、当然ながら全く臭みもなく、生姜がアクセントになり、ジンギスカンが気持ちよく喉を通って行きます。

こうなると、ビールも止まらないし、

ジンギスカンも追加注文になります。

タレも、使っているうちにこんな感じになります。

追加して再度焼きましたが、鍋が焦げてきています。

常連のお客様は、焦がさないらいしです。

ちょっと、焦がし過ぎましたが、これはこれでメッチャうまかったです。

ここのジンギスカンには、もやしは特に合いますね。

士別、花の友へのアクセス

札幌から、士別の花の友までは、約185キロあります。

車で2時間35分の道のりとなり、気軽に行ける距離ではありません。

しかし、道北に仕事や旅行で行く方には、是非よってもらいたいので、地図を表示しておきます。

士別の花の友のジンギスカンは、道北ナンバー1!

いかがでしたか?

道北ナンバー1と勝手に判断しましたが、北海道でも上位に入るくらい美味しいジンギスカンだと思います。

確かに士別は、サフォーク種の生産が盛んな街で、ここ花の友では、オーストラリア産のマトン肉を使用していますが、サフォークに全然負けていませんよ。

まっ、生ラムと味付けでは、土俵がちがいますけどね。

最後にまとめさせていいただきますが、とにかくここのジンギスカンは美味しいです。ちょっと違ったジンギスカンを食べたい人は必見です!

最初のコメントをしよう

必須