キロロ、アニーで大人気のスキースノーボードレッスンを、お得に受けよう

キロロ アニー 級別2級検定

※2021年度コロナの影響により変更点がございます

  • 道新スポーツアニーキッズレッスンの一部
  • キロロアニーの通常シーズン会員の料金の改定
  • 集合場所が9時45分ヴィラージュ前、外での集合になります。(ブロンズ~コンペディションまで。プルミエールより下のクラスは従来通りアトリエ中の集合になります)
  • ネックチューブ着用が義務づけられました。
  • アニーキッズ終了後のレクレーションがなくなりました。

※以下改訂された箇所は赤字で修正しております。

平成20年12月6日に、キロロスキー場で開校した、「アニーキッズアカデミー」は、今も大人気のジュニアスキースクールです。

札幌の小学校では、毎年冬が近くなると、「道新スポーツ」主催の、アニーキッズ、スキーレッスンの案内が配られています。

キロロ以外のスキースクールのチラシも配られるので、どこがいいのか迷う方もいるのではないでしょうか?

そんな疑問に、開校から現在も、12年間、キロロ、アニーキッズに通い続ける、筆者が、キロロ、アニーキッズの良さをお伝えします。

キロロ、アニーキッズアカデミー2つのお得な受け方

アニーキッズアカデミーは、通常の申し込みですと、料金が高めの設定になっているため、割引が効くものや、お得感があるものを選択するのがベストです。

そこで、2つのお得なレッスンをご紹介させていただきます。

道新スポーツ主催、アニーキッズ、スキーレッスンの料金は、約半分の割引

※2021年度はコロナの影響によりランチがなくなりました。

  道新キッズスキーレッスン 通常レッスン
参加料 4,200円(税込み) 7,000円~9,000円
(時期により値段が変わる)
申し込み定員 40名 インストラクターの人員次第
申し込み方法 Email
小学校から配布される、
チラシか、アニーキッズ
アカデミーに連絡
ウェブ、電話、直接
受付開始日 11月初旬 11月初旬
オプションプラン
(レンタル等)
ランチ:800円(2021年度はなくなりました)
ウェア―:1000円
スキー:1000円
ゴーグル:600円
グローブ:600円
ランチ:1000円
(レンタルは、
マウンテンセンターにて)
リフト券プラン
(ご家族のみ)
3900円 5900円(通常料金)
送迎 なし なし
開催日
(2019~2020)
12月14日~20日
1月20日~26日
2月15日~21日
3月7日~15日
12月第1週土曜日から
4月第1週日曜日まで
注意点 例年、申し込みが殺到し、
抽選になるので、早めに
予約しましょう
土日、祝日は、早めの予約を
おすすめします

道新キッズスキーレッスンの、メリット

  • 料金が、約半額
  • ランチ代金が200円off
  • 付き添う家族のリフト券が、2000円off

道新キッズスキーレッスンでの、デメリット

  • 冬休み期間に、募集がない
  • 平日の開催日が多いので、学校があると行けない
  • 定員が決まっていて、抽選に当たらないと通えない

アニーキッズ、冬休み限定3日間集中コースもお得

アニーキッズスキーアカデミー冬休み限定、3日間集中コース
日程(2020)1月7日~1月9日
受付開始11月1日
料金32,000円(レッスン料、リフト代、ランチ、3日間の料金)
兄弟割:2人目から1,000円引き
対象者小学1年生~6年生
持ち物スキーセット
ウェア
ネックウォーマー
グローブ
ゴーグル
ヘルメット(無料貸し出しあり)
薄手のニット帽(装飾のないもの)
決済方法クレジット決済
送迎札幌駅北口 6:50
琴似駅   
発寒駅
手稲駅
星置駅
銭函駅
KIRORO到着 9:25
帰路札幌駅北口到着予定 18:15
アカデミー☎
メール
0135-34-7128
academy@kiroro,co.jp
ホームページ https://www.kiroro.co.jp/ja/

アニーキッズ、冬休み限定3日間集中コースの、メリット

  • 無料、送迎バスがついている
  • 子供をバスに乗せるだけで、親は同行しない(小学1年から対象ですが、未就学でも兄弟に小学生がいればok)
  • アニーキッズの先生、インストラクターが子供目線で、大変優しいので、子供は大喜び
  • 子供にスキーを好きにさせる、きっかけづくりになる

アニーキッズ、冬休み限定3日間集中コースの、デメリット

  • 無料送迎バスがついているので、料金に割安感がない
  • 子供のみバスに乗せるので、ついて行きたい親御さんには不向き

キロロ、アニーの通常シーズン会員の料金

※2021年度はコロナの影響によりアニーシーズン会員の内容に大幅な変更があります。下記参照の上ご来場ください。

2021年度詳細

プラチナ会員がなくなり、中学生までが通えるようになりました。

商品項目対象クラス料金料金割引率条件備考
アニー45
ゴールド会員
アニーレッスン受講可能100,000円45回使用後、通常料金の50%OFFで利用可能中学生以下45日間受講可能(ランチタイム別)
アニー15ゴールド会員アニーレッスン受講可能70,000円15回使用後、通常料金の50%OFFで利用可能中学生以下15日間受講可能(ランチタイム別)
レギュラー会員アニーレッスン受講可能20,000円50%OFF中学生以下1日・半日レッスン利用可(ランチタイム別)

2020年度詳細

商品項目料金特典
アニーシーズンプラチナ会員280,000円グループレッスン受講し放題
1日プライベートレッスン無料
プロショップ 特別割引
レンタルショップ 特別割引
スペシャルレッスン 25%割引
夏シーズン1dyパス50%割引
アニーシーズンゴールド会員180,000円 グループレッスン受講し放題
プロショップ 特別割引
レンタルショップ 特別割引
スペシャルレッスン 25%割引
夏シーズン1dyパス50%割引
アニー45プラチナ会員140,000円グループレッスン45回受講し放題
1日プライベートレッスン無料
プロショップ 特別割引
レンタルショップ 特別割引
スペシャルレッスン 25%割引
夏シーズン1dyパス50%割引

アニー45ゴールド会員90,000円 グループレッスン45回受講し放題
プロショップ 特別割引
レンタルショップ 特別割引
スペシャルレッスン 25%割引
夏シーズン1dyパス50%割引
レギュラー会員20,000円グループレッスン50%割引
スペシャルレッスン25%割引
夏シーズン1dyパス50%割引

シーズン会員を、検討している方にどのコースがいいのかをお伝えします。

一番のオススメは、アニー45ゴールド会員です。

アニー45というのは、45回まで受講可能な商品で、90,000円です。

45回行ける方は、90,000円÷45=1回当たりの単価が、2,000円になります。

最高峰の、プラチナ会員ですと、ランチ代金(一日、1,000円)が無料になります。例えば、冬休み、春休み、土日、祝日、フルに通った場合、約65回行ける計算になります。

65回のランチ代金で、65,000円なので、

(280,000円-65,000円)÷65回=1回当たりの単価が、約3,308円

実際問題、65回もキロロ、アニーに通うことは難しいく、プラチナと、ゴールド45の差額が、125,000円あり、1回あたりの単価も、約1,200円ほどちがうのであれば、迷わず、ゴールド45会員をおすすめします。

キロロ、アニーキッズアカデミーが大人気の理由!

週末などは、予約が入らずキャンセル待ちをするほどの人気がある、アニーキッズスクールですが、その理由を私の主観ですがお伝えします。

まず、アニーキッズアカデミーは、フランス生まれのジュニアスキースクールです。

1960年から1970年にかけて、フランスのアルペンスキー代表のメンバーだった、「アニーファモーズ」さんが、そのフランスに、ジュニアスキースクール「ヴィラージュ・デ・ザンファン」を開校したのです。

そこは年間1万人のスクール生をかかえる、巨大なスキースクールになりました。その理由は、アニーファモーズさんの指導方針で、

「細かいことを教えない」「遊んだ分だけうまくなる」

がモットーだからです。

そこで、キロロ、アニーキッズでは、2008年12月に世界初の姉妹校となり、キロロスキー場にオープンしました。

このメゾットこそが、子供たちをキロロ好きにさせる一番の原因かと思います。そこで、子供達から聞いた、アニーキッズの良いところをまとめてみました。

  • インストラクターが、とにかく優しい
  • ヴィラージュの休憩時間や、レッスン終了後のレクレーションが楽しい
  • ランチがお替りできる
  • レッスン中に怒られない
  • 好きな、コースに行ってくれる(クラス別に行ける範囲は決まっている)

このように、アニーの子供たちはインストラクターをはじめとする、スタッフのことが、大好きです。

上記の写真は、当日の子供たちのクラスを受け持つ、インストラクターの写真と、名前です。

名前は、通常は、苗字で書かれていることが多いと思いますが、

ここでは、あえて、インストラクターの下の名前か、あだ名などのユーモアのある呼び名にされています。

当然子供たちは、書いている通りに呼びますので、

「○○先生」とは呼びません。

皆、大きな声で、インストラクターを呼び捨てにしています。

呼び捨てにされた、インストラクターも怒る人など1人もいません。

なぜ怒らないのか?

それは、「子供と同じ目線」で接しているからだと私は思っています。

インストラクターと、子供たちに、上下関係はなく、対等な立場を作ってくれているのでしょう。

また、スキーの教え方にも特徴があり、

「プルークボーゲンを教えない」

ことです。

ゲレンデにでると、クラス別に一列のトレインで斜滑降で滑るので、プルークをすることがありません。結果的に、自然とパラレルが早く身に付きます。

このメゾットも、他のスクールには、ないかもしれません。

こうして、子供たちは、キロロスキー場の奇麗なコースを、優しいインストラクターと、伸び伸びと楽しみながら滑ってきます。

アニーキッズレッスン内容と、一日の流れ

レッスン内容は、クラスごとに違います。

スキークラス

クラス名レッスン内容
シュス3 3歳のクラス、スキーの面白さを覚える
シュス4 4歳クラス、スキー操作を覚える
プリミエール 5歳以上の初級者、スキーの基本操作を覚える
ブロンズ 緩斜面でターンを覚え、リフトの乗り降りを覚える
アルジャン 緩斜面でパラレルターンを覚えます
ベルメイユ 中級コースでのパラレルターンを覚える
オール 中級コースでより早くパラレルターンを覚える
プラチナ 中級コースで色々な斜面で安定した滑りを身に着ける
コンペティション 上級コースを安定して滑り、ポール練習も覚える

スノーボードクラス

クラス名レッスン内容
ファースト 初心者のクラス、基本を身に着ける
ファン 緩斜面でバランスを強化するクラス
フリー 中級コースでより安定した滑りをに見つける
エキスパート 中級コースでスピード、バランス、トリックを身に着ける

一日の流れ

9:00ヴィラージュがオープンします。
2020年からは、9:45まで入場することになっています。
10:00レッスンが始まります。各クラスごとにゲレンデに向かいます。
12:00ランチタイム。ランチ予約していない方は、ここで一度、
お子様を、迎えに行き昼食を各自でとります。
13:30午後のレッスンスタート。
15:30レクレーションに出ない方は、ここで担当インストラクターの
当日の子供の評定をしていただき、帰ります。
レクレーション参加するお子様は、ここからスタートです。
16:30レクレーション参加のお子様を、迎えに行きます。

 キロロアニーの2019~2020シーズンの変更点

  • ヴィラージュに、9:45分までに入校
  • 今までは、アニーキッズアカデミーで受付をしてヴィラージュに向かっていたのですが、本年度から、直接ヴィラージュに行けることになったので、楽になりました。(ランチ代金の支払いは、アカデミーで済ますことになっています)

キロロアニーキッズアカデミーはイベントがいっぱい!

2019~2020シーズン最新

12月1日(日曜日)アカデミーオープン
12月7日(土曜日)アニーオープニングパーティー
12月14日(土曜日)アニーチャレンジ1
12月22日(日曜日)アニースペシャルクリスマス
12月28日(土曜日)アニー年忘れ餅つき大会
1月1日(水曜日)アニー新春アカデミーショータイム
1月7日(火曜日)アニー冬休み3日間集中コース
1月8日(水曜日) アニー冬休み3日間集中コース
1月9日(木曜日) アニー冬休み3日間集中コース
1月11日(土曜日)アニーチャレンジ2
1月25日(土曜日)アニー旧正月&レク参観日
2月2日(日曜日)アニー節分&レク参観日
2月11日(火曜日)アニーバレンタイン
3月20日(金曜日) アニーチャレンジ 3
アニー春分の日&レク参観日
4月5日(日曜日)アニー最終日
大運動会
毎週木曜日、日曜日アニーメダルテスト

子供に対するユーザビリティが、お分かりいただけると思います。

もはや、単なるジュニアスキースクールというよりか、山の学校みたいなものです。

また、レク参観日とありますが、レクレーションも含めて、子供をヴィラージュに預けると、たとえ親でも中に入ることは出来ません。

普段、ランチどきや、レクレーション風景を親も見れないので、レク参観日は貴重な子供の姿や、ヴィラージュを内覧できる良いチャンスとなります。

ラストの大運動会も、毎年盛り上がります!

2019年4月綱引き

キロロ、アニーキッズの予約

  • 電話
  • web
  • アカデミー受付にて、直接

上記3点になります。

注意点として、web申し込みの場合は、あらかじめキロロアニーキッズアカデミーに登録をする必要があります。

シーズンジュニア会員になられてる方は、11月の申し込み開始時期に、4月の最終日まで予約をいれています。

そうすることで、混雑が予想される日にレッスンにはいれない、ということを回避しています。

先取りした予約で、仮りに行けない日があったら、前日までにキャンセルすることで、一コマをなくさずに済みます。

当日キャンセルだと、その1回分は行ったことみなされますのでご注意ください。(病気の場合は有効になります)

アニーキッズに通う8歳と、卒業生の16歳の滑りです

12年間、毎年40回前後通ってきました。

その子供たちの滑りですが、おまけなので、興味ない方はスルーしてください。

キロロ、アニーキッズアカデミーへのアクセス

札幌駅~キロロスキー場(高速道路)

札樽自動車道と国道393号経由

所要時間:1時間16分

走行距離:59.1km

新千歳空港~キロロスノーワールド

道央自動車と札樽自動車道経由

所要時間:1時間46分

走行距離:110km

ニセコ比羅夫~キロロスノーワールド

国道393号経由

所要時間:1時間2分

走行距離:51.2km

函館空港~キロロスノーワールド

道央自動車道経由

所要時間:3時間32分

走行距離:230km

キロロに向かう際の注意点として、

幌方面から行く場合、朝里インターからキロロの間には、朝里にある、セイコーマートと、ローソンしかありません。

キロロでは、軽食程度しか売ってませんし、レストランは高めの設定なので、経費を抑えたい方は、札幌などで事前に購入するとよいでしょう。

また、朝方は、コンビニは、ほとんど弁当がありません。

気を付けましょう。(JR駅の近くにあるコンビニは、朝から新鮮な弁当類があると思います)

一度行くと、また行きたくなる、キロロアニーキッズアカデミー

今回は、キロロアニーキッズアカデミーの、お得な通い方や、教育方針をご紹介させていただきました。

記事内でも書かせていただいた、「道新キッズスキーレッスン」ですが、この企画で、参加したことをきっかけに、正会員になられた方も少なくありません。

皆さん一度来ると、親子ではまってしまいます。

素晴らしいフランス式メゾットのキロロ、アニーキッズアカデミーをお勧めいたします。

最初のコメントをしよう

必須