札幌ビール園のジンギスカン、ガーデングリルが他のホールと違う3つのこと

札幌ビール園には、5つのホールがあります。

その各ホールには特徴があり、肉質や、飲み物も違ってきます。

ほとんどのホールで飲み放題がメインとなっていますが、量より、質を重視される方は、ぜひ、「ガーデングリル」に足を運んでみてください。

豪華な店内で、ここでしか食べられないジンギスカンをおすすめいたします。

ガーデングリル、ジンギスカン動画

理由1:他ホールにはない、グレインフェッドラムが美味しい

まるごとジンギスカン

ガーデングリルでは、グレインフェッドラムッドラムを使用しています。

その中でもおすすめなのが、上記写真の、「まるごとジンギスカン」です。このジンギスカンは、すべての部位が適度に入っているので、食べ比べるには最適です。

また、 グレインフェッドラムッドラム は、サッポロビール園の他のホール(ケッセルホール、トロンメルホール、ポプラ館、ライラック)では食べられません。

そこで「 グレインフェッドラムッドラム 」はなぜ美味しいのか?説明したいと思います。

結論から言いますと、エサに「穀物」を使用していることが理由です。

穀物で育つと、羊特有の匂いがやわらぎ、肉質もサシが入りやすくなります。

グレインフェッドラムッドラムがおもに「穀物」を餌にしているのに対し、

「葉や茎」を餌にしているものを、グラスフェッドッドラムと言います。

平らなジンギスカン鍋

サッポロビール園、ガーデングリルの鍋は、IH式です。 「induction heating」

ガスコンロの方が、火力が強いと思いがちですが、IH式の方が「熱伝導」が、かなり高いようです。

その高い熱伝導により、新鮮なグレインフェッドラムッドラムが豊潤で、ジューシーに焼きあがります。

しかも、鍋が平らなので、脇に油がたまらないため、「油ハネ」がないのも良いところです。

焼き野菜盛り合わせ

アラカルトの焼き野菜です。

周りに野菜を敷き詰め、焼いていきます。

生ラムを焼く場合は、真ん中に焼くスペースを丸く開けて焼いていきます。

これが、生ラムじゃなく、冷凍のロールジンギスカンを食べるときは、真ん中に、もやしを敷き詰めて蒸し焼きにしていきます。(筆者の場合)

焼き上がり

焼きあがりました。

焼き過ぎると、せっかくの生ラムが固くなってしまうので、注意しましょう。

ちょっと赤いくらいが食べ頃です。

タレにつけて食べます

グレインフェッドラムッドラムは、羊特有の癖が少なく、柔らかいです。

部位によって、味も、硬さも変わりますが、どれをとっても美味しいので、おすすめです。

理由2.ビール好きにはたまらない、ガーデングリルでしか飲めない ビール

ビール好きには、たまらないサッポロビール園。

そこで、「ガーデングリル」でしか飲めないビールを紹介いたします。

ガーデングリル トロンメルホール ポプラ館 ライラック ケッセルホール
サッポロファイブスター「サッポロ限定」
サッポロクラシック「樽生」
サッポロ生ビール黒ラベル「樽生」
エビス「樽生」
エビス&エビス
エビスプレミアムブラック「樽生」
エビススタウトクリーミートップ「樽生」
アルトビール
開拓使麦酒
エーデルピルス「樽生」
サッポロラガー「瓶ビール」
ハーフ&ハーフ
SORACHI 1984

ハーフ&ハーフだけ、ガーデングリルで飲めません。

理由3:食べ飲み放題に代わるお得な食べ方

店内

サッポロビール園では、「食べ飲み放題」がスタンダートですが、ガーデングリルにはありません。

そこで、ガーデングリでしか頼めない「宴会プラン」の

「 大地の実り 」4,000円を頼みます。(メニューは下記参照)

それに、宴会プラン、オプションの「飲み放題」1,300円をセットします。

合計、税込み、5300円です。

他のホールは、食べ飲み放題で、約4,400円~5,000円位なので、あまり変わりません。(ガーデングリルの宴会プランに食べ放題はありませんが、相当の量があります)

で、あれば、美味しい「グレインフェッドラムッドラム」を食べて、雰囲気の良い店内、またはガーデングリルでしか飲めない「ビール」で喉を潤した方が良いのではないかと思っています。

あくまでも、何度かサッポロビール園に来たことがあって、まだ「ガーデングリル」に来たことがない方へのおすすめです。

やはり、最初は他のホールへ行ったほうが良いと思われます。(サッポロビール園の歴史を感じることができるため)

コース名プラン内容料金
大地の実り ●前菜3種盛り合わせ
●季節の野菜サラダ
●揚げ物3種とソーセージの盛り合わせ
●グレインフェッドラムのジンギスカン
●焼き野菜の盛り合わせ
●熟成ベーコンとキノコのピラフ
税込4,000円
海の恵み ●前菜3種盛り合わせ
●ホタテと生ハムのカルパッチョ
●季節の野菜サラダ
●グレインフェッドラムのジンギスカン
●焼き野菜の盛り合わせ
●シーフードの香草オーブン焼き
●タコとアサリのジンジャーピラフ
●本日のアイス
税込5,000円
北の薫り ●道産食材を使った前菜4種盛り合わせ
●桜姫鶏のシーザーサラダ
●タラバガニとズワイガニの冷製
●グレインフェッドラムのジンギスカン
●トラディショナルジンギスカン
●焼き野菜の盛り合わせ
●道産ホタテとプレミアムインカのバター焼き
●海老と北寄貝のガーリックピラフ
●自家製バニラアイス
税込7,000円

ガーデングリルで飲み放題はできる?

飲み放題はありますが、「ホール」と「個室」では、内容が異なりますので注意してください。

ホールの場合、基本的に飲み放題はありませんが、「宴会プラン」を頼むと、飲み放題のオプションを選べるようになります。

個室の場合、ランチ・ディナー共に飲み放題がありますが、お値段が高めの設定です。プラス、個室料金もかかります。

飲み放題プラン(税込み)
ホール(宴会プランのみ)100分~1300円
プラス500円で、スペシャルプラン
個室100分、~2,000円
プラス500円で、スペシャルプラン
子供770円
個室人数
最大、6名(昼は12名)1,000円1,500円
最大、15名(昼は16名)1,500円3,000円
最大、32名2,000円5,000円

※小、中、高、生は、大人が飲み放題を頼む場合、子供もソフトドリンク飲み放題を頼まなければいけません。ただし、幼児はカウントされません。

また、宴会プランを頼む場合も、 小、中、高、生 も大人と同じプランを頼まなくてはいけません。小さいお子様の場合、食べきれなくなることも想定されるので、気を付けましょう。

上記飲み放題の、「スペシャルプラン」ですが、プラス500円で、サッポロファイブスター、開拓使麦酒、アルトビール、北海道ワイングラス(白・赤)本格焼酎(芋・麦)が追加されます。

ガーデングリルメニュー→こちら

周辺施設の豆知識、日ハムの屋内練習場徒歩1分!

日ハム屋内練習場

ガーデングリルから外に一歩出ると、ファイターズの屋内練習場が見えてきます。日中は選手の「出待ち」をよく見かけます。

札幌ビール園のおみやげ

お土産売り場
Tシャツコーナー
店内

ここでしか買えないオリジナルの物は、Tシャツやキーホルダー等のアクササリーで、お菓子類は北海道の名産品があります。

札幌ビール園の予約

ガーデングリルに限らず、サッポロビール園全般、予約なしでも大丈夫です。

ただ、混み合う日も多いので、必ず予約してから行きましょう。

また、事前予約についての期間は設けていないので、数年後でも予約可能です。

あらかじめ、予定が立っている人は、予約することをおすすめいたします。

アクセス、詳細

住所 〒065-0007  札幌市東区北7条東9丁目2-10
電話0120-150-550
営業時間 11:30~22:00(LO:21:30)
定休日無休 (12月31日休み)
座席数184席
駐車場

まとめ

  • グレインフェッドラムッドラムは、ガーデングリルででしか食べられない。
  • 個室で「飲み放題」のプランが、公式サイトにでていませんが、ランチ・ディナーで可能です。
  • ホールでは、「飲み放題」はありませんが、「宴会プラン」を頼むとオプションで付けられます。
  • 家族連で行くときは、幼児を除く、小~高までは、「飲み放題」「宴会プラン」も同時に頼まなくてはいけません。

何度もサッポロビール園のに来ている人は、ガーデングリルに一度は行ってみてください。

最初のコメントをしよう

必須