ジンギスカン 北海道の美味しいお店 旭川

「旭川大黒屋」ジンギスカン選びで迷っているシリーズ、旭川道北編!

北海道でジンギスカンを食べに行きたいけど、専門店がたくさんありすぎてどこのお店に行ったらいいか分からない。

そんな時は旭川市内にある行列が出来る「成吉思汗大黒屋」をおすすめします。

成吉思汗大黒屋は2002年創業、以前は本店と5丁目支店の2店舗ありましたが、老朽化のため2016年10月に本店は閉店。

現在は5丁目支店のみ営業をしています。

成吉思汗大黒屋は北海道内でも人気の高い有名店でテレビや雑誌にも取り上げられることが多いお店です。

柔らかく肉厚な極上ラム肉を秘伝のタレをつけて食べるという最高の成吉思汗店です。

あまりの美味しさに焼いている時の煙などは忘れてしまいます。今回は旭川が誇る「成吉思汗大黒屋」について詳しくご紹介をしていきます

※ 2020年12月29日付で、CoCo壱を経営する「壱番屋<7630>」が大黒屋の全株を取得しております。また、2021年12月29日には、2号店として「函館五稜郭店」がオープンしました。さて、これからの全国展開が楽しみです。

旭川大黒屋の予約の取り方

旭川大黒屋は電話やインターネットで予約を受けています。営業時間は午後17時から23時30分まで。

7月、8月は30分早い16時30分から営業をしていますが、夏季は観光客のお客様が多いようなので早めに予約のお電話をおすすめします。

地元の方達でもなかなか予約が取れないほどの人気店です

ホットペッパーからのネット予約も可能。

ただし、予約時間を10分以上過ぎてしまうとキャンセル扱いになってしまうので注意して下さいね。

旭川大黒屋の混雑状況

大黒屋は連日行列が出来るほどの人気店!100席あるにも関わらず1.2時間待ちは当たり前です。(2021年現在、コロナの影響もあり以前のような待ちはなくなりました。)

開店時間に合わせて行くと比較的待たずに入れるようなので、開店時間を狙って行くのがおすすめです。

雨や雪の中で待つ方のために、大黒屋専門の待合所が大黒屋5丁目支店の向かい側に完備されています。

待合所の中は暖かくゆっくり待つ事が出来るので、並んで待つ方にも安心です。

旭川大黒屋本店は閉店、現在の店舗数は?

大黒屋本店は、老朽化のため2016年の10月に閉店しています。今は5丁目支店のみ営業をしているようです。

2016年閉店する間際に、「なぜ閉店するのか?」聞いたことがあるのですが、店舗の契約上の理由からとのことでした。

この閉店した方が本店で、現存している店舗より狭い店舗でしたが、こちらも連日満員御礼で、とんでもないくらい混んでいました。

2店舗あった時が全盛期だったかもしれません。

カレーハウスCoCo壱を経営する、壱番屋が大黒屋の全株取得で小会社化

カレー専門店の「カレーハウスCoCo壱番屋」を中心に、あんかけスパゲティの「パスタ・デ・ココ」、カレーラーメンの「麵屋ここいち」、鉄板ハンバーグの「にっくい亭」などを国内外で1480店(2020年11月末時点)展開する壱番屋<7630>が、ジンギスカン料理店のチェーン展開に乗り出す。

同社は2020年12月29日に、北海道旭川市でジンギスカン料理店「成吉思汗(ジンギスカン)大黒屋」(1店舗)を経営する大黒商事(北海道旭川市)の全株式を取得し子会社化した。今後カレーハウスなどで培ったチェーン展開ノウハウを活用して、成吉思汗大黒屋の多店舗化を進める。

壱番屋は新たな業態の開発と育成によるグループ力の強化と企業価値の向上を経営課題の一つに掲げており、今回の大黒商事の子会社化はこの取り組みの一環。でも、なぜジンギスカンだったのか。

引用元:M&A Online

2021年10月29日、「大黒屋函館五稜郭店」がオープン!

参照:食べログ
参照:食べログ
参照:食べログ

しばらく大黒屋に行かないと、こんなことになってました。

CoCo壱に買収され、大黒屋2号店として、なんと函館にオープンしていたとは。

まだ函館五稜郭店には行ってないので、近々お邪魔してきます。

写真で見る限りでは、CoCo壱さんが手がけてるだけあって、立派な作りですね。

また、函館には人気店の「名前はまだ無い」ジンギスカン羊羊亭がありますが、大黒屋がその一角に入るのは間違いないでしょうね。

一部上場会社が手掛けるからには、全国展開するはずなので日本各地で北海道発のジンギスカンが食べられることになりそうです。

店名旭川成吉思汗 大黒屋 函館五稜郭店
住所函館市本町23番5号1F
最寄駅五稜郭公園前駅
道順徒歩2分
電話番号0138-83-2597
FAX0138-83-2598
定休日不定休
駐車場1グルプ1台 近隣駐車場補助あり

旭川大黒屋でクーポンは使える?

ホットペッパークーポンをご利用出来ますが宴会プランのみになります

旭川大黒屋には駐車場があります(有料)

専用の駐車場はありませんが、大黒屋の向かい側にタイムス駐車場(有料)があります。

大黒屋の横にも駐車場があり、たまに間違えて止めている人を見かけますが、月ぎめ駐車所になっていますので気を付けましょう!

旭川大黒屋ジンギスカンの通販のお取り寄せ

大黒屋ジンギスカンの通販は残念ながらやっていないません。

テイクアウトのみなので、地方からのお取り寄せは出来ないことになります。

どうしても知人などに送りたいときは、テイクアウトして送るしかないようです。

ジンギスカン大黒屋のメニュー

メニュー価格
生ラムジンギスカン700円
ハーブ生ラム800円
ラムロール700円
厚切りラック900円
焼き野菜0円
ニンニク白菜キムチ350円
アーモンド大根サラダ450円
オニオントマトサラダ450円
ライス(北海道産ゆめぴりか使用)200円
ライス(大)300円
羊のブリュレ(オリジナル商品)300円
その他

成吉思汗大黒屋旭川のテイクアウト

メニュー価格(税込み)
ジンギスカン単品2.5人前1,500円
外でも大黒屋さんセット4人前パック
・ジンギスカン4パック
・焼き野菜2人前
・タレ1本(4人前)
・かちわり氷
・保冷容器
・取り皿セット4人前
(エプロン おしぼり 割りばし 取り皿)
6,500円
家でも大黒屋さんセット
・ジンギスカン4パック
・焼き野菜2人前
・タレ1本(4人前)
・エプロン4人前
6,000円
その他
・お皿 割りばし おしぼり エプロン1セット
100円
保冷セット500円
炊き立てご飯
(17時以降のお渡し)
200円
炭火用七輪
(炭、着火剤)
2,500円

旭川ジンギスカン大黒屋のおすすめは何?

結論から申し上げますと、おすすめは、

生ラムジンギスカンです。(定番)

まずはこれから食べてみてください。

特徴は、厚切りなのに柔らかく、カッティング面が素晴らしくきれいなことです。切り方がうまいので最高の状態で食べさせてくれます。

また、北海道中色々なジンギスカンを食べてきましたが、ここ大黒屋の炭の火力は大変強いです。火力が強いと大抵の料理は美味しく仕上がります。熱の伝導力は本当に大切です。

今申し上げた、カッティングの技術と火力の強さがここの生ラムの味を引き立てている2大要素だと思います。

なので、

肉厚なのに、柔らかく

肉厚なのに、口の中からすぐいなくなる

のです。

もちろん、素材も抜群に良いですし(オーストラリア産生ラム)、オーダーが入ってから肉をカットするのも美味しい理由の大きな要素ではあります。

しかし、オーストラリア産の生ラムは大抵のジンギスカン業者が使用していますし、東京のジンギスカン店でも北海道と全く同じオーストラリア産の生ラムをだしていますので、肉以外のどこかで差をつけたお店が勝ち残るのではないでしょうか?

これ以外のメニューですと、

厚切りラックが美味しいです。

何が美味しいかと言うと、骨回りの肉をかぶりついてみるとわかります。

肉自体の旨味は大黒屋で一番ではないでしょうか。

ジューシーと言う以外言葉が見当たりません。

ハーブラムは、定番の生ラムにハーブが付いたものになります。

これは女性に人気です。

ここで、おじさんたちに人気なのが、ラムロールです。

私もそうですが、ロールがメニューにあるとついついオーダーしてしまいます。大黒屋のタレもどこか、ベルのたれ(北海道民がスーパーで購入する一番人気)に似ていることも、ここでロールを頼む要因になっています。

全て少量で試してみるのが良いと思います。

 

旭川大黒屋の店舗詳細

店名成吉思汗大黒屋
住所北海道旭川市4条通り5丁目3.4仲通り
0166-24-2424
最寄り駅旭川駅
道順旭川駅より11分
営業時間17時~23時半(7,8月は16時から)
ラストオーダー23時
定休日不定休
クレジットカードVISA, Master,JCB,Amex,Dinners
喫煙所なし
駐車場なし
個室あり
平均予算3,000円~5,000円

旭川大黒屋へのアクセス

徒歩12分となっていますが、冬場はタクシーで行くことお勧めします。相当冷え込みますのでご注意ください。

旭川の大人気店、大黒屋は必ず行くべきお店!

いかがでしたでしょうか。

今回は旭川が誇る成吉思汗大黒屋をご紹介させていただきました。成吉思汗大黒屋は口コミ数年が多く評価がとても高い名店です。

大黒屋では初めて来店した方や、どうやって上手く焼くか分からない方のために、最初の一度だけすが店員さんが注意点を説明しながら焼いて教えてくれます。これはありがたいサービスです。

北海道に観光へ行きたい方やまだ大黒屋行った事がないという方にはモクモクした煙の中で焼く絶品ジンギスカンを是非一度堪能して見てください。

次回はテイクアウトして、お家で大黒屋のジンギスカンを体験してみたいと思います。

  • この記事を書いた人

zipang

旅付きのojisanです。 旅先での楽しみは美味しいものを食べること。 その美味しいお店を探すために、日々ググっていますが実際にその記事を書いた方が実食していないのでは?と思わされることに愕然。写真も引用だったりするので信憑性がない。そこでこのメディアでは実際に行った本物をお届けいたします。 そのほか、子どもの教育で携わっているスポーツ(スキー・ゴルフ)などもご紹介していきます。 北海道観光マスター取得

-ジンギスカン, 北海道の美味しいお店, 旭川