びっくりドンキーのカロリーが気になる方必見一目でわかる低い順ランキング!

びっくりドンキーといえば、言わずと知れたファミリーレストランのひとつ。でも、『カロリーが気になる…』という方も多いのではないでしょうか?

メニュー表から、写真の下に小さく書かれたカロリーを比較しながら注文するのは、とても大変なことですからね。

そんな声にお応えして、びっくりドンキーのメニューをカロリーの低い順にランキング形式でまとめました。テイクアウトメニューや、お得に食事する方法についてもあわせてご紹介します。

びっくりドンキーカロリー表を低い順に一覧で発表

現在進行形でダイエットしている方や健康志向の方にとって、料理のカロリーはとても気になるものですね。ここではびっくりドンキーのメニューから、『ディッシュ』『ステーキ』『サイドメニュー(サラダ・アラカルト)』の3種類について、それぞれのカロリーが低い順に一覧にまとめました。

ハンバーグのカロリー低い順一覧 

びっくりドンキーのディッシュメニューのカロリーをご紹介します。

数字が2つ並んでいるのはハンバーグのサイズ別のカロリー表記です。左側が150g、右側が300gですので、参考にしてみてくださいね。

順位メニュー150ℊ(cal)300ℊ(cal)
1位レギュラーバーグディッシュ735kcal1008kcal
2位おろしそバーグディッシュ742kcal1015kca
3位パインバーグディッシュ789kcal1062kcal
4位エッグバーグディッシュ 818kcal1091kcal
5位ポテサラパケットディッシュ865kcal※単一品
6位チーズバーグディッシュ875kcal1148kcal
7位カリーバーグディッシュ879kcal1214kca
8位チーズパケットディッシュ884kcal※単一品
9位フォンデュ風チーズバーグディッシュ894kcal1210kcal
10位パインカリーバーグディッシュ934kcal1268kcal
11位エッグカリーバーグディッシュ963kcal1298kcal
12位チーズカリーバーグディッシュ1020kcal1355kcal
13位親子バーグディッシュ(レギュラー)1270kcal単一品
14位親子バーグディッシュ(おろしそ)1277kcal単一品
15位親子バーグディッシュ(パイン)1324kca単一品
16位親子バーグディッシュ(エッグ)1353kcal単一品
17位親子バーグディッシュ(チーズ)1410kcal単一品
番外ビビンバーグディッシュ687kcal単一品

ご覧の通り、びっくりドンキー定番のレギュラーバーグディッシュが最もカロリーが低く、トッピングを足していった分が上乗せされるイメージですね。

ただ、ワンプレート上にサラダもついているので、栄養バランスは良さそうです。

番外編として、ビビンバーグディッシュも加えました。

というのも、687kcalとカロリーが低めなんです。ハンバーグは100g。ほかのディッシュ系メニューに比べると小ぶりですね。

「ビビンバ」というネーミングの通り、ご飯の上にはナムルやキムチが添えられていてヘルシーです。カロリーが気になる方や、ハンバーグが小さくてもいいという方におすすめします。

親子バーグディッシュがランキング下位を占めているのは、ハンバーグが二段重ねになっているから。

150gと300g、あわせて450gというボリュームを考えると、このカロリーも納得です。がっつり食べたいけれどもカロリーもちょっと気になる…という方は、トッピングなしのレギュラーを選ぶと良いでしょう。

ステーキのカロリー低い順一覧

びっくりドンキーのステーキのカロリーを見ていきましょう。

ステーキは、「〇〇バーグステーキ」というメニューでは200gと300gが存在します。グラム数が異なる場合は()内に記載してありますので、参考にしてみてくださいね。

順位メニュー200ℊ300ℊ
1位ネギポンおろしバーグステーキ(150g)334kcal
2位レギュラーバーグステーキ471kcal650kcal
3位おろしそバーグステーキ 478kcal657kcal
4位ポテサラパケットステーキ(150ℊ)503kcal
5位ホットペッパーバーグステーキ510kcal686kcal
6位チーズパケットステーキ(150g)522kcal
7位パインバーグステーキ525kcal704kcal
8位エッグバーグステーキ554kcal733kcal
9位コロコロステーキ(150ℊ) 586kca
10位チーズバーグステーキ612kcal790kcal
11位ハンバーグ&コロコロステーキ(150g)669kcal
12位フォンデュ風チーズバーグステーキ679kcal900kcal
13位エビフライ&ハンバーグステーキ(150g)803kcal

ディッシュ系メニューに比べると、カロリーが大幅ダウンになっています。というのも、こちらは『ステーキと付け合わせのみ』のカロリーとなっており、ご飯やサラダがないからです。

サイドメニューカロリー低い順一覧

順位メニューカロリー
1位みそ汁46kcal
2位コーンスープ83kcal
3位グリーンサラダ137kcal
4位ディッシュサラダ137kcal
5位ミス・サラダ143kcal
6位追加チーズソース159kcal
7位マーメイドサラダ227kcal
8位シーハーハーサラダ304kcal
9位シーザーサラダ311kcal
10位ライス336kcal
11位ブロッコリーの箱舟340kcal
12位さくさくイカ唐揚げ405kcal
13位イカの箱舟452kcal
14位ビバ!ミートスパ532kcal
15位マカロニ&チーズ532kcal
16位ナゲット&ポテト557kcal
17位びっくり鶏唐揚げ600kcal
18位びっくりフライドポテト658kcal
19位ハンバーグ&ビバ!ミートスパ703kcal
20位薪窯マルゲリータ707kcal

びっくりドンキーのサイドメニューでは、みそ汁やコーンスープといった汁物に次いで、サラダがカロリー低めと言えますね。

気をつけたいのが揚げ物類。決して量は多くないものの、油で揚げている分カロリーが高くなってしまいます。

また、びっくりドンキーに来ても、ハンバーグではなくパスタを食べるという選択肢もありそうですね。

びっくりドンキーでカロリーが低いメニューをピックアップ

サイドメニューであればカロリーが低いのは言うまでもありません。

ここでは一般的な『食事』として注文すると考えられるものの中から、カロリーを押さえたメニューをいくつかピックアップしてみます。

①   ねぎポンおろしバーグステーキ(150g) 334kcal

ハンバーグの上にのっているたっぷりの野菜とねぎが特徴のステーキ。びっくりドンキーのステーキとディッシュ系メニューをあわせた中で最も低カロリーなのは、ねぎポンおろしバーグステーキです。ゆずポン酢をかけて、さっぱりとした味からもカロリーの低さが感じられるでしょう。

②   レギュラーバーグステーキ(150g) 471kcal

シンプルな定番メニューのレギュラーバーグステーキ。ディッシュメニューに比べてハンバーグが大きいので、食べ応えがあるのに、ご飯がない分カロリーも控えめです。

③   おろしそバーグステーキ(200g) 478kcal

ねぎポンおろしバーグステーキよりもハンバーグは大きめですが、青じその葉と大根おろしでさっぱりとした味わいです。さっぱり下ものを食べたいけれど、食べ応えも欲しいという方におすすめです。

びっくりドンキー糖質制限にはこれ

糖質は、カロリーと並び、気になっている方の多い項目の一つなのではないでしょうか。

びっくりドンキーで糖質制限を考えて注文するのであれば、ステーキやハンバーグの単品をおすすめします。ご飯が同じプレートに盛りつけられているディッシュ系のメニューですと、糖質が一気に跳ね上がってしまいますからね。

ただし、ステーキやハンバーグの付け合わせにはじゃがいもを使ったものが一般的のようですので、厳しく制限しているのであれば、その付け合わせにも注意が必要です。

また、もう少しバランス良く食べたい場合にはサラダを追加したり、比較的糖質の少ないイカを使ったメニュー『イカの箱舟』や『ブロッコリーの箱舟』などを追加したりしても良いですね。

食事の最初に汁物を食べるのも、食べ過ぎ防止には効果がありますよ。

びっくりドンキーの人気メニューランキング

びっくりドンキーはおいしいだけではなく、そのメニューの豊富さも魅力のひとつと言えます。びっくりドンキーの人気メニューベスト3を見てみましょう。

第3位 おろしそバーグディッシュ

第2位 レギュラーバーグディッシュ

第1位 チーズバーグディッシュ

いずれもワンプレートで提供されるディッシュ系からランクイン。第1位のチーズバーグディッシュにのっているチーズは、提供されてくる頃には少し溶けていることも多いです。

みんなが大好きなチーズがのったチーズバーグディッシュ。老若男女問わず、広い世代から愛されているのも納得ですね。

びっくりドンキーで持ち帰りできるテイクアウトメニュー

びっくりドンキーには、テイクアウトメニューもあります。感染症の気になる時期や、お家でのんびりとお店の味を味わいたいときにおすすめです。

お持ち帰りメニューグラムカテゴリー
レギュラーハンバーグ(150g、200g、300g)
チーズハンバーグ(150g、200g、300g)
パインハンバーグ(150g、200g、300g)
フォンデュ風チーズハンバーグ(150g、200g、300g)
ポテサラパケットバーグ(150g)
チーズパケットバーグ(150g)
エビフライ&ハンバーグ(150g)
おこさまランチ(100g)
ライス
みそ汁
ビックリフライドポテト
さくさくイカ唐揚げ
ナゲット&ポテト
チーズソース
カリーソース

上記以外にも、この記事では詳しく触れられなかったカフェメニュー(ドリンク)のテイクアウトも可能です。

ただ、店舗によっては取り扱いのない場合もありますので、お近くのご利用店舗がテイクアウト対応しているのかどうかを事前に確認しておくことをおすすめします。

また前もって電話で注文しておくことで、店舗での待ち時間を短縮することもできますよ。

びっくりドンキーでクーポンは使える?(ホットペッパー)

びっくりドンキーのクーポンは、残念ながらホットペッパーでは取り扱いしていないようです。

しかし、びっくりドンキーの公式アプリをダウンロードすることで来店ごとにスタンプを集めることができるうえ、クーポンも配信されます。

びっくりドンキーをよく利用する方にはメリットが多いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

ハンバーグやステーキはいかにもカロリーが高そうですが、メニューの選び方次第で摂取カロリーを抑えることも、糖質を制限することも可能です。

家族や友人と、びっくりドンキーでのお食事を楽しんでくださいね。

最初のコメントをしよう

必須